自己の力で日常生活を長くするために

★自己破産★とはTOP

自己破産とは

厚生労働省ではこのようなことが掛かれています。「高齢者が尊厳を保ちながら暮らし続ける」という指針。

この内容はとても重く感じるメッセージで、「尊厳を保つ」という言葉が全てを物語っていると思います。

いったい「尊厳を保つ」というのはいったい何を意味しているのでしょうか?これは私なりの考えを述べたいと思うのですが、生きるということは日常自分自身で身の回りの世話ができることを基本として生活できるというまず大きな枠があると思います。命あるものは生きるという事自体に何も否定せず、もちろん当たり前のことだという前提の中で、もし排泄が自分でできなくなってしまう状態に陥ったら、当の本人は心の底から「尊厳ある」と思うのでしょうか?実際には排泄物すらそのままになってしまい、自分ではどうしようもできないことに対する自己嫌悪に陥ってしまい、己自身の尊厳を否定されてしまっていると思ってしまうのではないでしょうか?

誰かに頼らなければ自分では何もできない。そんな状態がいざ自分に降りかかってきてしまったらすごく悩み苦しむと思います。そんな時は周りにサポートしてくれる人がいなければなりません。

レッツ倶楽部や介護施設、有料老人ホームなど日常の生きがいや楽しみを提供してくれる場所は着実に増えてきています。ご老人の方に対して敬い、尊ぶ精神を私たちは心に秘め、同安心して暮らしていける社会築きあげれるか。今私達が問われてきているのではないでしょうか?

デイサービスなど車の送迎がついていて、宿泊の無い1日で様々なサービスが受けられる老人向けサービスも増えてきています。リハビリを目的としたデイサービス(レッツ倶楽部)も存在しています。動ける人が自分で活動することでの必要な筋力や運動する力などを養うことができるので、外に出る理由づけをどのような形でも構いませんので、作ることがとても重要なのかもしれません。

 

 
   
 
自己破産のメリット自己破産のデメリット注意点││過払い請求について│消費者金融リンク集老人の生活遺品整理マンションの購入なら